西東京市の家族葬とは

西東京市の家族葬のデメリット

西東京市の家族葬のデメリットの写真

家族葬のデメリットとしては、告知しなければならない人の範囲が狭くなってしまうことが挙げられます。

あまりにも通知範囲を狭めてしまうと、知らない人から「故人とのお別れをしたかった」「なんで招待してくれなかったの?と言われてしまうことがあります。葬儀が終わった後にお参りに来る人も多いですし、それ以上に大変なこともあります。誰がいつお参りに来るのかわからないため、葬儀後の手続きに追われているにも関わらず、思うように外出できないという遺族も少なくありません。また、喪主が故人と親しくしていたとしても、遺族が知らない場合もあります。故人を偲ぶことができるのは嬉しいことですが、知らない人が自宅に来るのは抵抗があるという人も少なくありません。家族葬に参列できる人数に制限はありません。多少葬儀に参列する人数が増えたとしても、故人の友人や知人のことを考えてから葬儀の人数を決めることをおすすめします。葬儀後には多くの喪主が自宅を訪れることもありますので、事前に対応を考えておく必要があります。場合によっては、「なぜ連絡しなかったのか」と文句を言われることもあるでしょう。故人との生前の関係や今後の関係を考えてから、葬儀に招待する人を決めましょう。故人の死亡時に家族葬を行うことを伝えていたとしても、葬儀当日に参列させてほしいという人もいるでしょう。返礼品や料理の手配に追われていて、その人たちの要望を断ることができないこともあるでしょう。参列者が限られているため、一般的な葬儀に比べて受け取る香典の総額が少なくなる傾向にあります。そのため、結果的に一般的な葬儀よりも多くの費用を支払うことになるかもしれません。故人とのお別れができなかった」など、参列できなかったことを残念に思ったり、不幸に思ったりする人もいるかもしれません。解決策としては、家族葬の趣旨を事前にも事後にも十分に説明し、理解してもらうことです。場合によっては、「故人の意思での葬儀」であることを明記することで、イライラを回避できる場合もあります。地域によっては、近隣住民が参加する風習や伝統が残っているところもあります。そのような地域では、慣習や伝統を守らなかったために、ご近所から家族葬を行うことに不満を感じることがあります。まずは、葬儀を行う地域の風習や伝統を調べてみることです。事前に葬儀社に相談しておくと良いでしょう。また、葬儀の前に地域の自治会長などに相談してみるのも解決策の一つです。家族葬の後、故人が亡くなったというニュースを聞いて、自宅や会社にお参りに来る人が出てくることがあります。ほとんどの場合、これらの訪問は不定期であり、家族にとってはかなりの負担となり、ストレスになることもあります。解決策としては、家族葬が終わった後に、お悔やみの電話やお悔やみの品は受け付けないことを明記した通知を送るという方法があります。それでも弔問に来る人もいるので、すぐに対応できるように自宅に返礼品をストックしておきましょう。