日帰り手術 下肢静脈瘤のレーザー治療なら│両国あしのクリニック

エンドレーザー法(Endovenous Laser Treatment)- 静脈瘤のレーザー治療 -

レーザー治療の様子下肢静脈瘤のレーザー治療とは、悪くなっている静脈にレーザーファイバーを挿入し、静脈の内側をレーザーの熱で焼き、閉塞させてしまう"血管内治療"です。 悪くなった静脈は焼かれることで機能しなくなり、数ヶ月かけて線維化します。
レーザー治療は足に針を刺してレーザーファイバーを挿入するので、ストリッピング手術のような切開を加えず(瘤切除術施行時を除く)、短時間で治療でき、体にリスクの少ない低侵襲で安全な治療法です。
しかし、下肢静脈瘤のレーザー治療には超音波を用い、的確な場所にTLA麻酔(局所麻酔)をする技術や、血管を治療する知識や経験を必要としますので、下肢静脈瘤の治療に詳しい、血管外科専門医が治療を行う必要があります。当院では、熟練した技術を持つ、8名の血管外科専門の医師がレーザー治療を行いますので、安全にそして、高い治療成績を上げています。

※エンドレーザー法は、皮膚科や美容外科で行われている、体外からレーザーを照射する方法とは異なります。
美容目的のレーザーは、外見上問題となるくもの巣状静脈瘤等の治療に用いられるものです。

エンドレーザー法の歴史

1998年にスペインのCarlos Bone医師らが初めて行いました。
2001年にアメリカのLuis Navarro医師が現在行われている形のエンドレーザー法を報告し、2003年には第二世代となるパルスヤグレーザーがアメリカで開発され、今ではアメリカやヨーロッパのみではなく、韓国や中国などアジアの国々でもレーザーやラジオ波を使った血管内治療が、下肢静脈瘤の標準治療になってきています。
2004年から私たちは日本で初めてパルスヤグレーザーを導入し治療を開始しました。
開始当初はレーザー治療専門医も少なく、また自費の診療であったため、普及が遅れていましたが、2011年にELVeSレーザー980によるレーザー治療の保険診療開始に伴い、その治療件数は徐々に増え、現在当院では年間手術件数1,300件のうち、レーザー手術が占める件数は1,000件を超えるまでになりました。私たちは、患者様にご満足頂けるよう、安全で質の高い最先端治療をご提供すべく、日々研鑽を積んでいます。

もしかして下肢静脈瘤?と思った方へ