もしかして下肢静脈瘤?症状について│両国あしのクリニック

こんなお悩み(症状)ありませんか??

  • 足がむくむ、だるい
  • 足がよくつるようになった
  • 膝下に湿疹やかゆみ
  • 血管が網目状になっている

下肢静脈瘤とは足の血管(静脈)がこぶのように浮きあがる病気です。

大伏在静脈瘤 小伏在静脈瘤
大伏在静脈瘤 小伏在静脈瘤

体の隅々で不要になった老廃物を含んだ血液が、足の筋肉のポンプ作用によって心臓まで運ばれているわけですが、この通路となるのが静脈です。静脈内には血液が一方向に流れ、逆流を起こさないようにする逆流防止弁がありますが、これが壊れると血液が逆流し血管内に溜まってしまい膨らみます。

筋ポンプ作用 静脈弁

弁が壊れる原因は分かっていませんが、立ち仕事の人や出産後などに多いと言われています。

下肢静脈瘤は、血管が網の目のようになるタイプと、ぼこぼこするタイプ(伏在型静脈瘤)とに分けられます。
初期のころは特に自覚症状は出ないのですが、伏在型静脈瘤が進行するとだるさやむくみ、足のつりを起こし、ひどくなると湿疹や色素沈着(足に色が付く)が起こります。
これらは血液の循環が悪いために起こるのですが、この状態を長期に放っておくと、足の栄養状態がさらに悪化し皮膚が薄く弱くなります。
こうなると、ちょっとした事でも傷ができ、治りにくく なり結果、下腿潰瘍(ただれ)を起こすこともあります。命にかかわるような病気ではありませんが、放置することで徐々に進行する病気です。

下腿潰瘍 色素沈着
下腿潰瘍 色素沈着
もしかして下肢静脈瘤?と思った方へ