下肢静脈瘤 症状について│両国あしのクリニック

外見上、気になる症状

足の血管がこぶ状、青筋が立ったように浮き出ている

  • 血液が逆流し血管がこぶ状に隆起する
  • 血管が網目状に見える
  • 血管がくもの巣状に見える

その他の症状

足の静脈血の循環に異常が起こり、血液がうっ滞(とどこおる)するため静脈圧が上昇して、静脈弁が壊れると、次のような症状が現れます。

  • 朝方に足がつる
  • 足がだるい、重い
  • 足が疲れる
  • 足がほてるような感じがある
  • 足がむくむ
    ⇒ 血管内から血液中の液体成分が血管の外へ浸み出すため
  • 足(膝下)に湿疹やかゆみが起こる
  • 色素沈着:足(内くるぶし周辺)に茶色く色がつく
    ⇒ 血液中の色素成分が皮下組織内に沈着している
  • 潰瘍:足(膝から下で特にくるぶし周辺)にただれを起こす
    ⇒ 足の静脈血の循環不全が原因で皮膚が薄く弱くなり、傷ができると治りにくく悪化する
    ⇒ 下肢静脈瘤を治療しない限り治らず、仮に表面上傷が塞がってもぶり返す
下肢静脈瘤の症状
もしかして下肢静脈瘤?と思った方へ