西東京市の家族葬とは

西東京市での家族葬について

西東京市での家族葬についての写真

家族葬には明確な定義がなく、家族や親族、親しい友人を中心とした少人数での葬儀の総称として使われることが多いです。

基本的な要件や式の流れなど、一般的な葬儀とほぼ同じです。そもそも「家族葬」という言葉は、葬儀社が家族中心の少人数の葬儀を意味して使ったのが始まりで、葬儀の「形式」や「宗教的な形式」を定義しているわけではありません。そのため、家族葬には明確な定義がなく、家族や親族、親しい友人など少人数で行う家族中心の小規模な葬儀の総称として使われることが多いようです。基本的な要件や式の流れは、一般的な葬儀とほぼ同じです。故人の状況や背景にもよりますが、家族葬は参列者を限定して行われます。また、家族葬だから家族だけで行うべきだと考える人も多いですが、故人の親しい友人など、故人の死を悲しんでいる人が参列することもあります。

家族葬とは、一般の方を招かずに親族を中心に行う葬儀のことです。家族葬のマナーをマスターする前に、家族葬とは何かをおさらいしておきましょう。家族葬では、通夜も葬儀も参列した親族を中心に行われます。多くの地域では、お通夜には仕事関係者や友人など、家族とは関係のない人が参列することが多いです。そして、お通夜は親族を中心とした本当に親しい人たちが集まるものと理解している人もいるでしょう。しかし、家族葬の場合は、お通夜も葬儀も顔ぶれの数に差はほとんどなく、親族に焦点が当てられています。家族だけでなく、故人と親しかった友人などが参列することもあります。家族葬」の他に「密葬」という言葉もありますが、「家族葬」と「密葬」では意味合いが異なります。密葬とは、親族だけで秘密裏に行う葬儀のことですが、その後に本葬があります。しかし、本葬は基本的には式の後に行われます。しかし、「あそこのお葬式は密葬のようですね」という話を聞くと、家族葬のことを指している可能性があります。それだけ用語が混同されることが多いということです。家族葬の明確な定義はありません。家族葬とは、家族や親しい友人・知人などが行う小さなお葬式のことです。

家族葬の明確な定義はありませんが、一般的には親族を中心とした少人数で行う葬儀のスタイルを指します。家族葬は20年ほど前から普及し始めた葬儀スタイルで、現在では葬儀の約3~4割が家族で行われていると言われています。その理由の一つには、平均寿命が延びていることや、故人の年齢が高くなっていること、葬儀を扱う喪主の年齢が上がっていることが挙げられます。また、年齢とともに故人の活動範囲が減少し、喪主も現役を引退して一般の人との接点が少なくなってきていることも要因となっています。また、家族葬が増えているもう一つの要因として、昔に比べて近所付き合いや親戚付き合いが少なくなっていることが挙げられます。

西東京市で家族葬をするならグランドセレモニー