西東京市の家族葬とは

西東京市の家族葬のマナー

西東京市の家族葬のマナーの写真

家族葬の参列者のマナーとして、参列者は家族からの報告があるまでは、家族葬に参列したことを家族に伝えるのは控えましょう。

家族葬の情報を送る人、受け取る人それぞれが思いやりを持っていれば、故人は安心して旅立つことができるでしょう。通常、家族葬と一般葬では服装に違いはありません。喪服を着るということは、故人の死に対する気持ちを表すものですので、葬儀の形式に違いはありません。この場合の正式な喪服は、男性の場合は黒のモーニングコートに紋付羽織袴、女性の場合は黒のワンピースに着物ということになります。ただし、家族葬の場合は、家族だけの葬儀なので、参列者の了承を得た上で、私服でもよいでしょう。私服というのは、そこまで堅苦しくしなくても良いということで、男性の場合はモーニングコートではなく、濃い色のビジネススーツを着ても良いかもしれません。家族葬の場合は、大げさに喪主と参列者を分ける必要はないことが多いので、モーニングコートの代わりにスーツに近いフォーマルな服装でもよいでしょう。フォーマルな喪服を選ぶにしても、セレモニードレスを選ぶにしても、親族の服装は同じです。どちらの場合も、親族と相談してから決めることが大切です。家族葬に参列する際の服装は、遺族がどのように考えるかによって異なります。家族葬では、遺族もセミフォーマルな服装(正装よりも格下の服装)で出席することが多いようです。家族葬に参列する方は、特に服装についての指示がない限り、セミフォーマルな服装で参列することをお勧めします。男性は黒かダークスーツを着用し、仕事から葬儀に向かう場合は、靴下やネクタイを濃い色に変えておくと良いでしょう。女性の場合は、地味な色のスーツやワンピースが適しています。葬儀の服装やマナーについて動画付きで詳しく解説しているこちらの記事を参考にしてください。家族葬では、一般的な葬儀とは違い、香典を断られることが多く、その場合は香典を持参しないことになります。何も言われていなくても、香典を受け取ってもらえないことが多いのです。迷っている場合は、香典を用意して式に出席し、遺族の意向に添えるようにしましょう。知らせていない人を家族葬に招待するのはマナー違反です。友人として招待された場合、「故人とは仲の良い友人だったので連れて行きたい」と思うかもしれません。しかし、友人を招待するのは簡単ではありません。故人のご家族が「たくさんの人を招待したい」と思っていても、式の都合で友人代表にあなたを選んでしまっているということもあるでしょう。ご遺族に「連れてきてほしい」と提案しても、1~2人に限定し、無理に連れてくることはしないようにしましょう。