西東京市の家族葬とは

西東京市の家族葬の特徴

西東京市の家族葬の特徴の写真

家族葬が家族や故人と親しい人たちだけで行う小規模な葬儀であるのに対し、公営の葬儀は、取引先や趣味のサークル、近所の人など、故人と関係のあった人たちが幅広く参列します。

家族葬が普及する以前は、葬儀といえば一般葬を指していました。密葬とは、著名人や企業経営者など、多数の参列者を集めて大規模な葬儀を行う場合に選ばれます。家族葬と同じように、家族や親族などの限られた人だけを送るという点では家族葬と同じですが、後日、社葬やお別れ会、法要など、多くの参列者を集めて本葬を行うことを前提としています。密葬とは、公営の本葬を行う前に、家族と故人との間で穏やかなお別れをすることができる葬儀のことです。火葬式や直葬は、火葬場での火葬と埋葬のみを行います。式」や「葬儀」という言葉がありますが、通夜や葬儀・告別式、法要などの宗教的な儀式は行わないため、厳密には葬儀の一種ではありません。家族葬のような密葬は、親族や親しい友人だけで行うものです。違いは、本葬とは別に、故人と親しい人たちにゆっくりとお別れの機会を持ってもらうために、密葬式を行うことです。つまり、本葬は後日、多くの人を招待して行う場合があります。密葬は、著名人や企業の社長など、例外的に幅広い人脈を持つ人を対象に行われることが多いです。親密な時間だけを確保したいが、大勢の人を招待しないわけにはいかない」などの事情を抱えた人たちが。かつては、本葬を行わず、家族内だけで行うものを「密葬」と呼んでいましたが、現在では「家族葬」と呼ばれるようになりました。しかし、情報を受け取る側にとっては、本葬があるのかないのか、本葬があるのかないのかを知ることが難しいため、「家族葬」という言葉が使われていました。家族葬は密葬と混同されがちです。実際には、両者に大きな違いはないようです。密葬とは、昔から言われている言葉で、ご家族だけで非公開で行うお葬式のことを指します。後日、多くの人に告知をして、後日、本葬を行うこともあります。しかし、必ずしも本葬と合わせて行わなければならないというわけではありません。一方、家族葬では、家族が中心となって故人を送ることもあります。それ自体が葬儀・告別式となります。社葬など、家族葬の後に遺族を交えてお別れ会を行うケースもありますが、一般的には家族葬の後に本葬は行わないとされています。一説には、密葬が終わったという知らせを受けた人は、本葬があるかどうか知らないはずなので、家族葬という言葉が作られたとも言われています。